たんぽぽさんの散歩

姫井保育園 副園長です

今年はあまり梅雨らしさを感じない日が続きますね。

天気が良かったので、たんぽぽグループさんはお散歩へ行きました。
手には虫かごが握られています。たくさん捕まえられるといいですね。
20170623_DSC00012.jpg 

近くにあるJRの高架をくぐります。大人は頭をぶつけそうな高さですが、電車が近くを通るのでタイミングが合えばとても楽しそうです。
20170623_DSC00013.jpg

神社の近くに青と白の綺麗な花を咲かせたアジサイを見つけました。
「保育園にあるアジサイと違うね~」と問いかけると、「家のアジサイとおんなじよ」と答えてくれました。子どもたちもアジサイをたくさん見ているんですね。
20170623_DSC00019.jpg 

急な上り坂も頑張って歩きます。
誰か一人が「さんぽ」を歌い始めると、みんなで大合唱が始まります。
今年のたんぽぽさんは歌が好きなんでしょうか。とても楽しそうです。
20170623_DSC00020.jpg

道の途中にあるカーブミラーに映る自分の姿を発見したようです。
子どもたちは気が付いたことをすぐ言葉にしてくれるので、どんなことに興味を持っているのかを知るいいヒントをくれますね。
20170623_DSC00023.jpg

少し離れた公園に到着しました。
たくさん歩いたので疲れているかと思いきや、子どもたちは大きな滑り台で遊んだり、虫取りに走ったりととても元気です。
20170623_DSC00029.jpg

大きなトノサマバッタを見つけた男の子たち。
「そっち持っちょって!」「今!離して!捕まえたから!」と巧みな連係プレーでバッタを虫かごに入れていました。
20170623_DSC00030.jpg

子どもたちはそれぞれに虫や木の実を虫かごに入れて満足そうしていました。
どんなものを捕まえたのでしょうか。お話が楽しみですね。


帰るころには少し蒸し暑さも出てきていて子どもたちも疲れた表情になっていましたが、いつもとは違うところまで歩いていき、様々な発見をしてくれたと思います。

保育園に帰ったときにはしっかり汗拭きをしてから水分補給もできています。
「どうだった?」と聞くと「楽しかった!でも疲れた」と素直な返事が帰ってきました。

今日の給食はとても美味しく感じるのではないでしょうか。

ポトフづくり

姫井保育園 副園長です

つきぐみ、ほしぐみの子ども達がポトフづくりに挑戦しました。

つくしグループの子ども達がキャベツをちぎって食べやすくしてくれました。
20170622_CIMG2579.jpg

先生の真似をして小さくちぎっていきます。
20170622_CIMG2580.jpg

すみれグループの子ども達は先生に手伝ってもらいながら、玉ねぎ、にんじん、じゃがいも、ウインナーを包丁を使って食べやすい大きさに切っていきます。
20170622_CIMG2587.jpg

給食の先生が来てくれました。
ポトフの作り方をわかりやすく教えてくれます。
20170622_CIMG2590.jpg

油を熱して具を入れると、「ジュ~!」と音がしていい匂いがしてきました。
塩コショウで味付けすると、さらに美味しそうです。
20170622_CIMG2596.jpg

全ての材料を入れたら水を入れてしばらくすると、何やら音が聞こえてきました。
給食の先生が「何か聞こえる?」と聞くと、子ども達は興味深そうに耳を傾けます。
「グツグツしてる!」と気が付く子もいました。
20170622_CIMG2606_2017062210513920a.jpg

今日の給食でみんなで食べます。
自分で作ったポトフはとても楽しみですね。

すみれグループのお散歩

姫井保育園 副園長です

今日は曇りで風もあったのでお散歩にはちょうど良い気候でした。
ということで、すみれグループさんはあまり行ったことのないコースをお散歩してきます。

出発前にバケツで育てている稲のチェックです。
なかなか順調に育っているようです。
20170620_CIMG2546.jpg 

保育園を出て砂利道を進みます。
今日はどこまで行くんだろうか?子どもたちは「遠くまで行くよ」としか聞いていないので、期待と不安を感じているようないい表情をしています。
色々な刺激を吸収できる準備万端です。
20170620_CIMG2547.jpg

駅までの近道です。
非常に急な坂道なので、手すりがついています。
上手にバランスを取りながら降りていく子もいれば、慎重に手すりを持ちながら降りていく子もいます。
20170620_CIMG2548.jpg

前に消防署へ行くときにも歩いて渡った橋です。
風が強いので「すずし~」と歓声が上がります。
20170620_CIMG2550.jpg

車に気を付けて橋を渡り終えたら、今まで行ったことのない道へと進みます。
用水路の中にカニを見つけたり、アメンボを見つけたりと、子ども達の見ている世界は大人には見えにくいものなのですね。
20170620_CIMG2553.jpg

「保育園のお米のほうがおっきいね」と育ち具合を比較します。
ここで作ったお米は誰のお腹に入るのでしょうか?
20170620_CIMG2555.jpg

用水路の中に大きな亀を発見しました。
「亀がおったよ!」という声に子どもたちが一斉に集まります。
20170620_CIMG2558.jpg

バイパスをくぐるトンネルです。
声が響くのが楽しいのか、大きな声を出す子もいますが、自分たちの声が反響することにだんだん怖くなってきたのでしょうか。自然と声が小さくなってきました。
20170620_CIMG2562.jpg

とあるお宅ではトトロ(?)がお見送りしてくれました。
丁寧にごあいさつしている子どももいて、とても優しい気持ちになります。
20170620_CIMG2563.jpg

歩行者用の橋を渡ります。
いつもは車で隣の橋を渡っているので「あそこの橋を渡ったらおばあちゃんの家よ」などと教えてくれます。
疲れてきた子どもたちは少しずつ言葉が少なくなってきました。
20170620_CIMG2564.jpg

保育園まであと一息です。
「がんばるぞー!」「おー…」とやや力のない返事。さすがに元気な子どもたちも2.5キロほど歩くと疲れの色が見えました。
20170620_CIMG2570.jpg

子ども達は保育園に帰ると「亀がおったよ!」とか「トンネル通ったよ!」とか口々に印象的なところを話してくれました。
大変だったかもしれませんが、楽しんでくれたのであればいいなと思います。


先日の園内研修でベテラン職員から若手職員に「こんなコースもあるよ」と教えてもらった道を子どもと一緒に歩いてみました。
新しい知識をすぐ実践してくれるのは頼もしいことです。

みどりの森広場(地域の方との交流会)

姫井保育園 副園長です

今日は地域の方を保育園にお招きして、子どもたちと触れ合っていただく「みどりの森広場」がありました。
恒例の芋の苗植えの後は園庭で子どもたちと触れ合っていただき、子どもたちにも地域の方にも心地よいひと時にできればと思っています。

今年も焼き芋が美味しくなる安納芋を準備しました。
20170614_CIMG2508.jpg

地域の方から自己紹介をしていただきました。「よろしくお願いします」とちゃんと言えましたね。
20170614_CIMG2512.jpg

子ども達に丁寧に植え方を教えて頂きました。
20170614_CIMG2522.jpg

20170614_CIMG2520.jpg

20170614_CIMG2527.jpg

親から子、祖父母から孫へと生活を伝えていく姿が薄れていく時代ですので、こういった世代間の関わりは貴重な経験となっています。


植え終えた後に、子ども達から「大きくな~れ、美味しくな~れ」とたくさんおまじないをかけておきました。
20170614_CIMG2528.jpg
これから水やりなどで子どもたちがお世話をしてくれることでしょうから、収穫がまた楽しみになってきました。

苗植えの後は園庭で子どもたちと触れ合います。
子どもたちも「おじいちゃんこっちきて~!」「おばあちゃん、見ちょって!」と自分たちが出来ることを自慢げに披露してくれました。
20170614_CIMG2534.jpg

元気な女の子が手を取って「おばあちゃんこっちきて~!」と引っ張っていきます。
20170614_CIMG2536.jpg

強い日差しも園庭の落葉樹の葉が遮ってくれるので、木陰で楽しく土いじりが出来ます。
20170614_CIMG2533.jpg

小さな子もおじいちゃんに見守られながら興味のあることにチャレンジしています。
まなざしがとても暖かく、ほっこりしますね。
20170614_CIMG2535.jpg


地域の方たちが保育園の子どもたちを暖かく見守っていただけるおかげで、子どもたちも安心して保育園での生活が出来ています。
これからも地域の方たちと一緒に子どもの健やかな成長を見守っていきたいと思います。

ピーマンの収穫

姫井保育園 副園長です

園でとれるピーマンやキュウリを子どもたちの前で切っていきます。20170612_CIMG2507.jpg

次々と形を変える野菜を食い入るように見つめる子、切ったそばからキュウリやピーマンのにおいを感じている子、前の子の陰になりながらなんとか見てみたいと思って頭をぴょこぴょこ動かしている子など、思い思いに今だけの瞬間を楽しんでいます。

プロフィール

姫井保育園

Author:姫井保育園
山口県山陽小野田市で1922年(大正11)3月に設立し、現在まで近隣の皆様に支えられて続いてきました。
「きげんのいい子どもに」を保育目標とし、子どもたちの心に寄り添って子供の成長を温かく見守る保育をしています。
保育園の近況や子どもたちから気づかされたことなどを皆様にお知らせするブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者数