3月3日のはっぴぃマミー ~子ども用エプロンを作ろう~

姫井保育園 子育て支援センターのはっぴぃマミーでは各種製作も行っています。

3月3日(金)のはっぴぃマミーでは子ども用エプロンを製作する予定です。

20170221_DSC02102.jpg 

エプロンの長さは50センチほどで、年少さんから年長さんまで使えるように、少し大きめのサイズとなっています。

首回りはゴム入りとなっているので、お子さんでも上手に脱いだりつけたりできるようになっています。

これを付けてお手伝いを頑張ってくれる姿を見てみたいですね!

雨の日の保育園

姫井保育園 副園長です

今日は雨なので子どもたちは外に出られません。
お部屋の中で色々な活動をしています。

ももぐみさん達は来月から幼児クラスに移行するので、お兄さん、お姉さんたちの部屋を研究しています。
どんな風に遊んでいるのか、興味津々です。
20170220_CIMG2200.jpg

つきぐみではハンカチ落としでしょうか、子どもたちの楽しそうな歓声が聞こえていました。
20170220_CIMG2201.jpg

ゆりぐみの子どもたちはウッドデッキで体を動かしています。
上手に車を操ったりボールを投げてみたりと体と手足を思った通りに動かせることが多くなってきました。
20170220_CIMG2208.jpg


そろそろ暖かくなってきたので、外で全身を使ってダイナミックに遊ぶ季節が近づいています。
小さなすり傷、切り傷をゼロにすることは難しいことです。子どもたちは自分の体で体験しながら危険なことや安全なことを理解していきます。

大きなけがにならないように細心の注意を払いながら、「これは危ないからやってはいけないんだな」と頭と体で理解できるように、様々な活動をさせてあげたいと思います。

草スキー場

姫井保育園 副園長です

今日は山口県でも春一番が観測されるなど、陽の当たるところは暖かい一日でした。

ももぐみさんたちは草スキー場で草滑りにチャレンジです。

まだ草が十分に伸びきっていないためか、なかなかうまく滑れません。
20170216_CIMG2186.jpg

坂道をコロコロ転がって降りるのも楽しいです。
子どもたちの歓声はきれいな青空によく似合います。
20170216_CIMG2187.jpg


暖かくなってきたら外遊びの幅も広がってきますね。

来月には幼児クラスのお兄さん、お姉さんたちと一緒に生活することになります。
新しい環境ではじめは慣れないこともあるかもしれませんが、毎日の生活の中で少しずつできることを増やしていければよいと思います。

子どもたち一人ずつのペースで少しずつ大きくなっていってくれればと思います。

姫井保育園

じゃがいもの苗植え

姫井保育園 副園長です

今日はたんぽぽグループの子どもたちが園の菜園でじゃがいもの苗植えをしてくれました。

20170216_CIMG2177.jpg 

収穫は6月ごろの予定です。
すみれさんになってすぐですね。

「おおきくなぁれ、おおきくなぁれ」としっかりおまじないをかけておきました。

どんなふうに育つのか、今から楽しみです。

つきぐみ・ほしぐみの運動遊び

姫井保育園 副園長です

今日はジャンプスポーツクラブの福山龍治先生が姫井保育園に来てくださいました。

まずは挨拶から。
福山先生の元気な「レッスン始めます。お願いします」に合わせて、子どもたちも力いっぱい「よろしくお願いします」と返事をします。
20170214_CIMG2155.jpg

グラグラ揺れる橋の上を手を握ってもらいながら、慎重に歩いていきます。
バランスを取りながら、上手く端まで歩いてジャンプします。勇気と思い切りの良さが感じられますね。
20170214_CIMG2158.jpg


たんぽぽグループの子どもたちは跳び箱の上で前回りに挑戦です。
「おへそを見て背中を丸くするんだよ」と教えてもらっても、初めはなかなかうまくいきません。
少しずつ繰り返していく中で、他のお友達の姿を見たりして、だんだんと上手になっていく姿をとても頼もしく感じます。
20170214_CIMG2163.jpg

すみれグループの子どもたちは片手に縄跳びを持ったまま平均台を上手に渡っていきます。
台の幅は10センチもないので、子どもの足でもバランスを取るのが難しいのですが、器用に体をひねりながら乗り越えていきます。
20170214_CIMG2166.jpg

跳び箱の上から思い切ってジャンプ!
砦やスイングロープを上り下りしている子どもたちからすると、このぐらいの高さは平気なのかもしれません。
20170214_CIMG2171.jpg


自分の体がどんなふうに動かせるのか?を知るためにも、このような形で器具を使った遊び方を定期的に教えていただいています。
子どもたちは楽しみながら少しずつ出来ることを増やしていくのだと思います。

今日は縄跳びも頑張りました。
得意な子、不得意な子それぞれいますが、それぞれが自分のペースで頑張って飛べるようになっています。「飛べるから良い」「飛べないからいけない」というのではなく、「上手く飛ぶために頑張っている姿」を観られることがとても嬉しいですね。
途中で投げ出してしまう子も、周りでお友達が頑張っている姿に少し触発されて、「ちょっとだけやってみよう」とチャレンジしています。一度折れかけた心を立て直してトライするのは、大人でもなかなか難しいことです。

子どもの小さな心の中で、大変な苦労をして再チャレンジしたのだと思うと、それは十分褒めてあげられることなのかなと思います。

プロフィール

姫井保育園

Author:姫井保育園
山口県山陽小野田市で1922年(大正11)3月に設立し、現在まで近隣の皆様に支えられて続いてきました。
「きげんのいい子どもに」を保育目標とし、子どもたちの心に寄り添って子供の成長を温かく見守る保育をしています。
保育園の近況や子どもたちから気づかされたことなどを皆様にお知らせするブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者数