お泊り会

姫井保育園 副園長です

お子さんたちからお泊り会のどんな話が聞けたのでしょうか?
楽しかったこと、不安だったこと、様々あったのではないでしょうか。

夕方から保育園に来て、いつもと違う雰囲気を感じているのでしょうか。
先生のお話を聞く姿も真剣です。
20170819_DSC01283.jpg

みんなでカレーの材料を切っていきます。
指を切らないように気をつけています。周りで見ている子どもたちも真剣なまなざしで見て学んでいます。
20170819_DSC01285.jpg

給食の先生にも手伝ってもらって、具材を炒めていきます。
だんだんといい匂いがしてきました。

「もうお腹がすいてきた!」と待ちきれない様子。
これまでも自分たちでポトフを作ったりしたので、自分で作る料理の美味しさを知っているのでしょうね。
20170819_DSC01316.jpg

いつもと違う光の中でお散歩へ行きます。
うだるような暑さもなく、気持ちのいい夕方の景色を見て歩きなれた道を歩いてきました。
20170819_IMG_1105.jpg 


待ちに待ったそうめん流しです。お箸で上手にそうめんをつかんで食べることが出来ました。
時々流れるミニトマトやキュウリに苦戦しつつも、たくさんそうめんを楽しんで食べていました。
20170819_DSC01328.jpg
この後カレーがお腹に入るか心配になりましたが、無事にカレーもたくさん食べてくれました。

食後はみんなでキャンプファイヤーを囲んで、ゲームやダンスで楽しみました。
だんだんと周りが薄暗くなる時間帯ですが、薪の爆ぜる音や光を楽しんでくれていました。
20170819_DSC01373.jpg

夏らしい思い出に花火を楽しみます。
少しドキドキしながらも、しっかりと安全に楽しめました。
20170819_DSC01382.jpg

大きな吹出花火も綺麗でしたね。
子どもたちからも歓声が上がっていました。
20170819_DSC01386.jpg

緊張でなかなか寝付けない子も多いかな、と心配していましたが、日中たくさん遊んだこともあり、みんな疲れてよく寝ていました。

翌朝は6時前から目を覚ます子も何人かいて驚きました。

目が覚めてからタオルをたたんで、顔を洗ってという流れもスムーズに進めることが出来たので、楽しいことがこの先にあると分かっていると、子どもも自発的に動けることを示してくれました。

朝日を浴びてお散歩に行きました。
朝露でぬれた原っぱの中で平均台渡り。足を滑らせないで上手に歩けるのは、すみれさんならではですね。
20170820_DSC01399.jpg

「住宅地の中では静かに歩こうね」という先生の言葉を忘れそうになるぐらい、楽しそうに歩いていきました。
20170820_DSC01407.jpg

保育園に帰ったらみんなで朝ご飯。
気持ちのいい風を受けて美味しくいただきました。
20170820_DSC01409.jpg

お泊り会を全員が無事に乗り切ることが出来たので、先生からメダルをもらいました。
頑張った証なので、大事にしてもらえるといいなと思います。
20170820_DSC01411_20170821134428a81.jpg 

子ども達にとっては一晩とはいえ、ご家庭の方から離れて過ごすことは大変なチャレンジです。
それぞれが自分のできることを精いっぱいやってチャレンジに成功できたことはとてもうれしく思います。

砂場?水場?

姫井保育園 副園長です

幼児クラスの子どもたちが砂場いっぱいに水を溜めてダイナミックな遊びをしていました。
20170818_DSC01256.jpg
せっせとバケツで水を運ぶ人、水が流れるようにシャベルで水路を作る人、たまった水に足をつけて感触を楽しむ人、遠くの方から見守る人。それぞれが自分なりの楽しみ方を見つけていました。


少し離れたところでマヨネーズのキャップを水がたまったバケツに落としている子がいました。
「なんかね、これを水に落としたら全部こっち向きになるんよ」と興味深そうに先生に教えていました。
キャップの中に空気の層があるのか、水中でクルッと向きを変えるのが楽しいようです。
20170818_DSC01263.jpg
このキャップだったらどうなのだろうか?、キャップの向きを反対にしても同じようにクルッと回転するだろうか?など、頭の中で仮説を立てて研究しているようでした。

水遊びをしていても子どもたちは全身を使って様々なことを感じています。特に「不思議だな」とか「面白いな」と感じた時には、頭の中でも様々な箇所が刺激されています。

大人の目線では当たり前に見えることも、子どもにとってはとても大切な経験となっています。

安全に注意しつつも、子どもたちに十分な「刺激」を与えられる環境で子どもたちの遊びを見守ってあげたいと思います。


スイカ割り

姫井保育園 副園長です

保育園の菜園で小ぶりながらもたくさんのスイカが採れました。
20170808_DSC01097.jpg


つきぐみ・ほしぐみの子ども達は目隠しをしてスイカ割りに挑戦です。

思い切って振り下ろしましたが、あと少し届かずです。
20170808_DSC01070.jpg
周りからは「前!前!」とか「右!右!」とかたくさん応援してくれますが、なかなか大変です。


上手にスイカをとらえることが出来る子も何名か出てきました。
20170808_DSC01089.jpg
スイカに当たると、周りの子どもたちも大喜びです。
自分以外のお友達のことも自分のことのように喜べる、とても優しい子どもたちです。



すみれグループさんはぐるぐる回ってからスタートです。
20170808_DSC01121.jpg
離れたところからスタートするのもあり、一気に難易度が上がります。
それでも何度もチャレンジしたがる子どもたちがたくさんいました。


当園に実習に来てくれた学生にもお手本を見せてもらいました。
20170808_DSC01094.jpg 
周りの子どもたちの応援を受けて、見事にスイカに命中させてくれました。
子ども達と同じ目線で楽しむ感覚をこれから先の勉強や仕事に活かしてもらえればと思います。


割れたスイカの味見をします。
今回は黄色いスイカもたくさん採れました。
20170808_DSC01095.jpg

自分で作って自分で収穫して、ちょっと遊びの要素も入れて、食べて楽しむ。
夏ならではの楽しみを子どもたちも満喫してくれたらと思います。

保育士または保育補助の求人を公開しました

姫井保育園 副園長です

当園のホームページで保育士または保育補助の求人を公開しました。
ご興味のある方はリンク先をご覧いただくか、0836-83-2371までお電話でお問い合わせください。

リンク先→【求人・研修・実習

または、himeihoikuen@gmail.comまでメールをいただければお時間を問わず問い合わせ可能です。

よろしくお願いいたします。

台風5号と8月7日の保育園について

姫井保育園 副園長です

台風5号は8月7日(月)に最接近するとみられます。

7日の保育園は開ける予定です。

なお、台風の状況により休園とする場合にはメールまたは電話で連絡します。

都合のつく方は無理な登園を控え、お子さん、ご家族の安全に十分ご配慮下さい。
なお、台風により欠席する場合、電話連絡は不要です。

よろしくお願いいたします。


プロフィール

姫井保育園

Author:姫井保育園
山口県山陽小野田市で1922年(大正11)3月に設立し、現在まで近隣の皆様に支えられて続いてきました。
「きげんのいい子どもに」を保育目標とし、子どもたちの心に寄り添って子供の成長を温かく見守る保育をしています。
保育園の近況や子どもたちから気づかされたことなどを皆様にお知らせするブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者数