FC2ブログ

お餅つき

姫井保育園 副園長です

お正月といえばお餅つき。ということで、保育園でもお餅つきを楽しみました。

給食室で炊いたもち米が到着すると、部屋中にお米のいい香りが広がります。

「見える?まだお米の形してるよね?これがお餅になるんよ」と話をすると子どもたちもワクワクした顔で覗き込んでいました。
20190110_DSC09010.jpg

まずは先生がお手本を見せます。
子どもたちの「頑張れ!頑張れ!」というリズミカルな応援に合わせて、ペッタンペッタンとテンポよくお餅をついていくと、段々とお米に粘りが出てきました。
20190110_DSC09018.jpg


先生がしっかりと美味しいお餅にしてくれたので、たんぽぽさんとつくしさんたちは、自分が食べられる分を自分で丸めています。
20190110_DSC09033.jpg


すみれさんたちは重たい杵を持ってペッタンペッタンとお餅つき体験をします。
20190110_DSC09042.jpg

しばらく様子を見ていた子どもの中には、とても上手に杵を使っている子もいました。
20190110_DSC09048.jpg

お正月にお餅つきをするのはなぜなのでしょうか?
改めてちょっと調べてみました。ご興味のある方は調べてみてください。


ちなみに山口県では祝い事やお祭りのときに「餅まき」をすることがあると思いますが、お正月恒例のお年玉とどこかでつながっているのではないかなぁと、ふと感じました。

関連記事

コメントの投稿

Secret

プロフィール

姫井保育園

Author:姫井保育園
山口県山陽小野田市で1922年(大正11)3月に設立し、現在まで近隣の皆様に支えられて続いてきました。
「きげんのいい子どもに」を保育目標とし、子どもたちの心に寄り添って子供の成長を温かく見守る保育をしています。
保育園の近況や子どもたちから気づかされたことなどを皆様にお知らせするブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者数